LINEで肩書きについて相談する

今月から新しくLINE受付をスタートしました。

LINEなら素早くご相談に対応できます。以下より友達追加してお問い合わせください。

<<ワンクリックで友達追加できます>>

あなたは肩書きは何ですか?

こんにちは、肩書き職人のおっくーです。

私は以前、士業・コンサル・コーチなどの個人起業家が集まるビジネス交流会に参加したことがあります。

参加者が40名ほどいる中で名刺交換と自己紹介をしていたところ、こんなことがありました。

Aさん WEB集客コンサルタント
Bさん ネット集客コンサルタント
Cさん SNS集客コンサルタント

似通った肩書きの集客コンサルタントが何人も参加していたのです。

さらに自己紹介を続けていくと、さらに驚くことが起こりました。

Dさん 目標達成コーチ
Eさん 目標達成コーチ
Fさん 目標達成コーチ

全く同じ目標達成コーチを名乗っている人が3人もいたのです。

この現実を見たとき、あなたはどう思いますか?

彼らが営業目的で交流会に参加しているかは不明ですが、まず営業してもうまくいかなかったでしょう。

ありきたりで似通った肩書きの人って自己紹介をされても全く印象に残りませんし、比較・競争されて一番コスパのいい人しか仕事が取れないからです。

ネット上に舞台を移すと、比較・競争はさらに過激さを増します。日本全国にいる、数百もしくは数千という同業者と勝負しないといけなません。

このような状況はコンサル・コーチ以外のビジネスでも多く起こっていますよね。

あなたは、このような状況で勝ち残る自信がありますか?

椅子取りゲームにハマる人は勝てない

ビジネスを始めたけど、うまくいかない。

その最も大きな理由は、ライバルが多い分野に参入していることにあります。

少ない椅子をたくさんのライバルと奪い合う椅子取りゲームにハマってしまうと、あなたは消耗する一方で全然稼ぐことができません。

しかし逆に、独自の肩書き(専門分野)を作ってビジネスに取り組めば、売上や集客力のアップといった成果は簡単に手に入るようになります。

あなたは、比較・検討されて価格競争に巻き込まれるビジネスをするのと、独自の肩書き(専門分野)でライバル不在の自由なビジネスをするのと、どちらがいいですか?

もし、後者を希望するのであれば今すぐ自分の肩書きを見直してみることをオススメします。

LINEで肩書きについて相談する

今月から新しくLINE受付をスタートしました。

LINEなら素早くご相談に対応できます。以下より友達追加してお問い合わせください。

<<ワンクリックで友達追加できます>>

LINEアカウントを持っていない方へ

ご質問やお問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ内容に対しては、48時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
メッセージ本文