1. TOP
  2. ツール
  3. 仕事が取れる名刺の作り方!名刺交換の反応を70%上げる9つの方法

仕事が取れる名刺の作り方!名刺交換の反応を70%上げる9つの方法

あなたは、名刺交換でこんな悩みがありませんか?

  • 名刺交換をしてもお問い合わせが来ない
  • 名刺交換をしてもアポに繋がらない
  • 名刺交換をしても人脈が築けない

もし、思い当たるのであれば、これは名刺の作り方や名刺交換のやり方に問題があるかもしれません。

そこで今回は、「仕事が取れる名刺の作り方!名刺交換の反応を70%上げる9つの方法」というテーマで、名刺作りのポイント6つと、名刺交換のポイント3つを解説していきたいと思います。

おっくー@肩書き職人
*

【カタガキ】の運営者。法人・個人の肩書き(キャッチコピー)作りから、集客→販売の仕組み作りまで、総合的にサポートする「肩書き職人」として活動しています。

このブログでは、あなたの価値や魅力を10倍引き出す「面白い肩書き」と、「ビジネスを簡単にする仕組み」の作り方を発信していきます。

1.001

名刺交換をする目的は?

あなたが名刺を作り、名刺交換の場に出向く理由は何ですか?

  • 挨拶するため?
  • 人脈を増やすため?
  • 覚えてもらうため?

もちろん、そういう方もいるかもしれませんが、基本は「仕事を取ること」が目的ですよね。

仕事が取れなければ、名刺交換をしてもお金と時間と労力が無駄になるだけで、意味がありません。

名刺交換の場に行くと、会費と交通費で数千円から、高いと1万円以上かかることもあります。また、時間も何時間と取られることを考えると、名刺交換にはかなりのコストがかかるのです。

できれば、そのコストを無駄にしたくありませんよね・・・

では、どうすれば名刺交換の反応をあげて、仕事につなげることができるのでしょうか?

今回は、仕事が取れる名刺の作り方と、名刺交換の反応を70%上げる5つの方法について解説していきます。

名刺交換から仕事を取る流れ

まず、名刺交換で仕事を取るには、名刺を渡してから、仕事を獲得するまでの流れを理解する必要があります。

あなたは、マーケティングファネルという以下の画像をご存知ですか?

マーケティングファネルとは、見込み客をいかに集めて、成約していくか。

その流れをまとめた図になるのですが、名刺交換はここでいう一番上の部分にあたります。

つまり、名刺交換→メルマガ・ライン@登録→フロントエンド→バックエンドという流れで仕事を獲得するわけです。

メルマガ・ライン@登録を飛ばして、名刺交換→フロントエンド(無料相談)→バックエンド(商品販売)という短縮された流れになっていることも多いですね。

どちらにしても、まずは名刺交換で仕事を獲得するまでのマーケティングファネルを理解することが大切です。

仕事が取れる名刺を作る6つのポイント

それでは、全体の流れがわかったところで、仕事が取れる名刺の作り方に入っていきましょう。

仕事が取れる名刺には大きく5つのポイントがあります。

ターゲットを具体的に決める

まず、名刺交換で重要なポイントは、ターゲットを明確にすること。

名刺とは、最小レベルに「小さい広告」です。

この「小さい広告」を使って、見込み客に最初のアクションを起こしてもらう必要があります。

しかし、名刺は小さいために、書けることが非常に限られるのです。

無駄なことは一切かけませんよね。

だからこそ、ターゲットを明確に決めて、そのターゲットが興味を持ちそうな言葉を考え抜く必要があります。

名刺という「小さい広告」に、どれだけ訴求力を持たせることができるか?

これは、ターゲットをどれだけ明確に決められるかにかかっているわけです。

興味を引く肩書きを作る

ターゲットが決まったら、自分を売り出すキャッチコピーとなる肩書きを考えましょう。

ターゲットが興味を持ち、「この人、面白そう!」「この人の仕事、気になる!」と思わせることができれば、一気に流れを引き寄せることができます。

肩書きについては、こちらにもまとめておいたので参照してください。

刺さるメッセージを考える

次に、ターゲットが反応する「刺さるメッセージ」を作りましょう。

相手の悩みや欲求を明確に捉えたメッセージを作ることができれば、相手の期待値や信頼を一気に高めることができます。

「刺さるメッセージ」は、性別・年齢・仕事・趣味・経済力etc。いろんな条件によって左右されます。

そのため、どんな人に向けて発信するメッセージなのか?ターゲットを自分の中で明確にしていなければ、「刺さるメッセージ」を作ることができないわけです。

もし、ここがうまくできない場合は、1の「ターゲットを具体的に決める」に立ち戻ってしっかりと考えましょう。

イメージを強調する画像を貼る

相手が興味を持つ肩書きとメッセージを作ったら、今度は肩書きやメッセージを強調する画像を用意しましょう。

ビジュアルでのアプローチを加えることで、少ない文章量でも多くの情報を伝えることができます。

名刺の色や柄などでも、イメージを強化することが可能です。

しかし、ビジュアルは派手にやりすぎると逆効果になることもあるので注意しましょう。

無料サービスやお試し商品を作る

ここまで出来たら、無料サービスや商品を用意します。

申し込み障壁が低く、相手が欲しいと思う無料サービスを用意することがポイントです。

名刺交換のゴールは、この無料サービス、無料お試しに申し込んでもらうこと。

相手にとって、もっとも申し込み障壁が低く、もっとも欲しいものを用意しておきましょう。

コール・トゥ・アクション(CTA)を用意する

コール・トゥ・アクション(CTA)というのは、相手にやってほしい行動を促すことです。

人間は、言われてもないことを自然とやろうとはしません。やってほしいことがあればちゃんと相手に行動を促すことが重要になります。

そのため、ただ連絡先を書いておくだけではなく、無料サービスやお試し商品へのお申し込みを促すように明記しておきましょう。

連絡先には、電話番号、メールアドレス、Webサイト情報、SNSなど色々と連絡先はあると思いますが、名刺で特にオススメなのはLINEです。

QRコードを使って、相手が簡単にLINEで連絡できるようにしておくと反応率が上がります。

また、LINE@であれば、自動返信で特典を送ることもできるので、名刺交換と非常に相性がいいと言えるでしょう。

名刺交換の前に行う3つの準備

名刺交換で仕事を取る流れを理解したら、今度は名刺交換の前の下準備です。

名刺交換は当日までの準備が重要になるので、しっかりと下準備をしておきましょう。

具体的なポイントとしては、3つあります。

ターゲットの出没場所をチェックする

名刺交換では、ターゲットがその場にいなければ意味がありませんよね。

ターゲットがいない場所に行ってしまうと、その分のコストを無駄にすることになります。

だからこそ、ターゲットはどこにいるか?をしっかりとリサーチしておきましょう。

ある程度の予測を立てて動かないと、やみくもに動き回っていてはコストばかり増えていくことになります。

30秒以内の自己紹介を用意しておく

名刺交換の場では、ゆっくりと自己紹介する時間は基本ありません。

30秒以内の自己紹介を用意しておきましょう。

大事なポイントをしっかり選べば、30秒で十分な自己紹介をすることができます。

Webの動線を作っておく

名刺交換の前に準備で大切なのは、名刺交換から仕事につながる動線をできるだけ多く用意しておくことです。

名刺だけでは無料申し込みまで持って行けなかったとしても、自分に興味を持ってもらえれば、Webサイトを見に来てくれる可能性は十分にあります。

そのWebサイトでも、しっかりと無料申し込みにつながる動線を作っておくことが重要です。

ここを疎かにしてしまうと、せっかく興味を持ってくれた見込み客を取りこぼすことになります。

Webの動線についてはこちらの記事を参照してください。

今回のまとめとして

いかがでしたか?

今回は、「仕事が取れる名刺の作り方!名刺交換の反応を70%上げる9つの方法」というテーマで、名刺作りのポイント6つと、名刺交換のポイント3つを解説しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

1.001

\ SNSでシェアしよう! /

カタガキ|個人起業家のビジネスを簡単にする「肩書き職人」のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カタガキ|個人起業家のビジネスを簡単にする「肩書き職人」のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

おっくー@肩書き職人

おっくー@肩書き職人

『カタガキ|個人起業家のビジネスを簡単にする「肩書き職人」のブログ』の運営者。

法人・個人の肩書き作りから、ビジネス、マーケティングまでを総合的にサポートする、「肩書き職人」として活動しています。

これまで、100社を超える企業や個人事業主を、コンサルティングやWebマーケティング(Webサイト構築・運用など)を通してサポートしたり、様々な専門家とWebメディア運営やKindle出版、イベント開催を行ってきました。

このブログでは、あなたの価値や魅力を10倍引き出す「肩書き(キャッチコピー)の作り方」と、「ビジネスを簡単にする方法」をテーマに発信していきます。

詳しいプロフィールや肩書き職人の仕事については、オレンジ色のホームアイコンをクリックしてください→

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブログ記事はタイトルのつけ方が命?確実にアクセスを増やす9の極意

  • コンサル・コーチの8割がブログ集客できない?5つの原因と改善方法

  • 名刺は肩書きが9割!印象に残る面白いキャッチコピーの作り方11選

  • 集客できるプロフィールの書き方5ステップ!共感を集めるポイントは?

この記事もオススメ!

  • 後で読みたいブログ記事は【はてブ】で保存!はてなブックマークの便利な使い方を解説してみた

  • 自分の肩書きを作る3つの意味とは?チャンスを増やす簡単な方法

  • 【保存版】LINE@集客の特徴と成功事例に学ぶ10個の活用方法

  • 集客できるプロフィールの書き方5ステップ!共感を集めるポイントは?

  • 名刺は肩書きが9割!印象に残る面白いキャッチコピーの作り方11選