1. TOP
  2. 地方移住・田舎暮らしのフリーランスが急増する15のメリット

地方移住・田舎暮らしのフリーランスが急増する15のメリット

ここ最近、地方に移住したり、地方と都会を行き来しながらビジネスをするケースがどんどん増えています。

フリーランス・ノマドワーカーになるだけなら、都会でも十分に可能ですし、むしろ営業活動には便利なはずです。それなのに、なぜあえて地方に移る人が増えているのでしょうか?

今回は、地方移住・田舎暮らしのフリーランスが急増する具体的なメリットについて詳しくまとめてみました!

おっくう@自分時間クリエイター
*

「自分の時間を創る」をテーマに、「ミニマムコスト起業術」を実践・発信する、自分時間クリエイター。

企業や個人にコンサルやセミナーをしたり、様々な趣味や特技を持つ人とWebメディア運営やKindle出版、ミニ講座、イベントの開催を行っています。

1.001

地方移住するフリーランスたち

フリーランスと一口で言っても、クリエイター、デザイナー、アフィリエイター、youtuber、転売・ネットショップ、民泊、プログラマーなどネットで仕事ができる分野は多様です。

webの仕事以外でも、シェアハウスやゲストハウスのオーナー、便利屋、コンサルタント、コーチ、セラピスト、イベンターに至るまでリアルな分野でも多くのフリーランスが活躍しています。

こういった自立した働き方は、都会の方が情報を得やすく営業先も多いので、盛んに行われているのですが、最近は地方で活躍する方も増えてきました。。

フリーランスが地方移住する15のメリット

では、地方でフリーランスをする人が急増しているのはなぜでしょうか?

それは、場所を選ばないで働く方法が増えている一方で、やはり特定の場所だからこそ得られる恩恵が多くあることが挙げられます。

どこでもやれるからこそ、どこでやるか?が実は重要になっているとも言い換えることができるでしょう。

それでは、地方移住には具体的にどのようなメリットがあるか解説していきます。

地方は家賃・固定費が安くなる

まず、地方移住と聞いて多くの人が最初に思い浮かぶのが、家賃や固定費が安く済むということではないでしょうか?

実際、東京都内で狭い部屋に住むお金があれば、地方で一家族が住めるような部屋、もしくは一軒家が借りられるほど家賃・固定費に差があります。

収入が不安定になりがちなフリーランスにとって、一番コントロールしやすいのは支出です。

収入を安定的に増やすよりも、支出を減らす方が間違いなく利益を増やすことができるでしょう。その中でも、固定費を下げることが最も効果的な手段です。

だからこそ、都内で多く稼ごうとするよりも、地方に移住して支出を減らす方が手元に残るお金をコントロールしやすいのです。

LCCで出張・旅行が格安で行ける

でも、地方で済むと営業に不利では?そう思う方も多くいるでしょう。

確かに、一昔前までは地方の田舎に住むと外に出るために多くのお金を必要としました。

しかし、今はLCCが発達したことで、国内外問わず非常に安価で移動することができます。これは、都会から地方へというだけではなく、地方から都会へ行く上でも同じです。

今では、往復一万円ほどの料金で多くの都道府県から首都圏へ行くことができるようになりました。

今度もさらに移動費は下がっていくでしょう。

通信手段が多様化し、航空券も無料に近づいている今、場所を選ばないフリーランスが首都圏に住む理由は少なくなりつつあります。

一瞬でユニークな存在になれる

あなたは初めて会った時に、渋谷区に住んでいる人と、石垣島に住んでいる人ならどちらが印象に残りますか?

こう聞かれたら、多くの人が石垣島と答えるでしょう。ズバリ、珍しい地域に住んでいる人は、それだけで印象に残りやすいのです。

ただそこに住んでいるだけで話題になる。これは非常に有利だと思いませんか?

セルフブランディングに困っている・・・自分には目立った特徴がない・・・と思うなら、地方移住してローカルプレナーになってみましょう。

それだけで、非常にレアで話題性のある人物になることができます。

田舎暮らしはSNSと相性がいい

地方に住むだけで話題性のある人物になれる。

とお伝えしましたが、これはSNSを活用すればさらに効果的です。

地方でしか見られないような風景、壮大な自然、のんびりした生活、アウトドアの趣味、そういった発信はとてもユニークで興味をそそりますよね。

地方に移住すれば、そういったSNS映えするネタが溢れています。

ただ地方に住むだけで、会った時に強い印象を与えることができ、さらにSNSでユニークな発信をすることができる。

これは非常に大きなアドバンテージになります。

地方は精神的なストレスが少ない

地方から初めて地方に住んでみて、改めて都会に行ってみると、いかにストレスが多い環境か身にしみてわかります。

初めて都会に出た時は刺激が多く魅力的に感じますが、慣れてしまうとストレスばかりが多くなります。

それに比べて、地方の田舎暮らしは自然も多く時間がゆったり流れているので、精神的なストレスが非常に少ないのが特徴です。

都会にいると、稼ぐこと・生きることに精一杯の日々を送ってしまうのに、地方に住み始めると精神的に大きなゆとりを得ることができます。

稼ぐこと・生きることに余裕ができれば、クライアントのサポートや新たな創作活動により多くのパワーを向けられることも、大きなメリットと言えるでしょう。

地方では無農薬&新鮮食材が安く買える

地方に住むと、採れたての無農薬野菜や、新鮮な魚・肉などのレベル高い食材が手に入りやすくなるので、日々の生活のクオリティが自然と上がることになります。

都会に住んでいたら手に入らない、もしくは高額でしか買えないものが、特産地ならほぼ無料で手に入るなんてこともしばしば。

地方に住んでから、体調が良くなるケースがとても多く、健康的な生活を送る良いきっかけになります。

また、旅行といえば、その地域の名物料理と地酒を楽しむのが一般的ですよね。

地方に移住してしまえば、そういった食べ物がいつでも楽しめるようになります。それどころか、観光客では手に入らないようなレアな食材、地酒が手に入ることも。

地元民しか知らない楽しみはどこの地方にもあるもので、これを楽しめるのは地方に住む人ならではの特権と言えるでしょう。

フリーランスなら田舎でも高時給が得られる

地方に移住して田舎暮らしをするとなった時に、最も困るのは仕事が少ないことや時給が低いことです。

しかし、Webを使って全国から仕事を受注したり、アフィリエイトやアドセンスで収入を得ている場合、地方の安月給は問題になりません。

地方に住みながら都会のサラリーマンよりも高い収入を得られる可能性が十分にあります。

特に、インターネットを使ったビジネスはどんな場所でも同じ収益を上げることができるので、地方に住む身としてはむしろ有利と言えるでしょう。

地方は消費行動が物理的に減る

多くの方がご存知の通り、地方には娯楽や大型ショッピングモールが都会ほど多くはなく、過剰にトレンドに敏感なわけでもないので、次から次へと新しいものを買う必要がありません。

過剰に見栄をはる必要も少ないので、消費行動が物理的に減る傾向があります。必要なものを必要なだけ買う、という生活を送ることになるので無駄な買い物が減るわけです。

支出が減れば自然と手元にお金が残るようになるので、事業に投資する余裕ができます。

これは、フリーランスにとって非常に大きなメリットと言えるでしょう。

地方は消費より創作活動に力が入る

無駄な消費が減ることで、手元に残るお金が増えるとお伝えしましたが、消費が減るメリットはこれだけではありません。

地方では、消費活動に向けるエネルギーが高まらないので、その分、創作活動にエネルギーを向けることができるのです。

例えば、ブログ・オウンドメディアの更新、サポート・フォローの充実化、新規コンテンツの制作など、ビジネスをより伸ばすための仕事に力を入れることができます。

フリーランスはどれだけ多くの価値を提供できるかにかかっているので、創作に当てられるパワーが増えることは非常に大きなメリットになるでしょう。

地方移住すると視点・発想が豊かになる

地方に移住してフリーランスになることの隠れたメリットとして、視点・発想が豊かになることが挙げられます。

移動がクリエイティブ活動に大きな影響を与える、というのは多くのクリエイターやイノベーターが認めていることです。

同じ地域、同じ環境、同じ人間関係の中では、限られた視点や発想しか生まれません。都会と地方を行き来しながら生活することは、新しい視点や発想を得る大きな刺激剤になるわけです。

都会の最先端ノウハウが地方に役立つのはもちろんのこと、都会で地方の知恵や経験が生きることもあるでしょう。「ただ行き来するだけ」で、二重のメリットがあることになります。

視点の多さ・発想の豊かさは、そのままフリーランスの価値に直結するので、地方に移住するメリットは大きいと言えます。

田舎暮らしは補助金や支援が狙える

最近、多くの地域で行われているのが、地方移住フリーランス・ローカル起業家への補助金や特別支援です。

ちょっと調べるだけでもこのようにたくさんの情報が出てきます。

長岡市では起業家の事業補助金として最大1,000万円補助

岡山県備前市では100万円を上限に家賃の補助

大分県臼杵市では家賃と子育ての支援

鹿児島県三島村では定住への手厚さがハンパないです。

まず、「子牛1頭または50万円支給」というインパクト。それだけでなく、「支度金(引越し費用)10万円まで支給」とのことです。そして一番驚愕なのが、生活助成金(3年間)が下記金額支給されます。mitsumolist

こうした移住支援以外でも、林業など人出に困っている職種では好待遇の求人募集もあるので、若い人たちの中にはどんどん地方に移動する人が出ているのです。

こうした補助金や特別支援を上手に活用すれば、地方にいるだけで非常に大きなメリットを得ることが可能になります。

地方移住するとノウハウ格差で儲かる

地方移住フリーランスのメリットとして最もわかりやすいのは、ノウハウ・情報の格差です。

やはり、首都圏の方が新しいノウハウや情報が多く出回るため、首都圏と地方を行き来するだけで、首都圏と地方のノウハウ格差を生み出すことができます。

首都圏で仕入れた最先端の情報を、地方でコンサルやセミナーという形で販売していく。これだけでも仕事として成り立つ可能性が十分にあるのです。

また、地方はライバルの数も少ないので、首都圏から常に最新ノウハウを調達してくれば一気に地域でシェアを獲得することも可能でしょう。

ローカル・コンテンツはSNSと相性がいい

珍しい景色、珍しいイベント、珍しい食べ物、珍しい生き物、珍しい言葉、珍しい取り組み・・・地方には珍しいものが溢れています。

こういった珍しいローカル・コンテンツは非常にSNSと相性がいいものです。

また、そう言ったローカル・コンテンツはその地域出身の人にとって感情が動きやすいもの。あなたも、地元のことや懐かしい気持ちのするコンテンツがSNSで流れたら、思わずいいねやシェアをしたくなりませんか?

そうしたローカル・コンテンツをインスタグラムやフェイスブックに載せれば、一気にシェアされる可能性があります。

地域ならではの情報は非常に強力なコンテンツなのです。

ローカル・コンテンツは発信が弱い

しかし、ローカル・コンテンツは取り上げる人が少ないので、しっかりとその魅力を発信されていません。

逆に言えば、誰も手をつけられていない宝の山と言えるわけです。

ローカル・コンテンツを魅力的に発信することができれば、自分の知名度も一緒に上げることも可能になります。

地方移住・田舎暮らしは今とても注目を浴びているので、自分が情報源になることができれば大きなアドバンテージになりますよね。

月間数十万PVの地域メディアを作ることができれば、地域の中小企業からの仕事を取ったり、地域の特産物を広げたり、県や市と仕事をすることもできるのです。

とても大きなチャンスだと思いませんか?

テレビやラジオ・新聞に出演することも

地方に移住してきて起業をする、これは地方にとってもユニークな存在です。

地域の中小企業や農家と提携したり、ローカル・コンテンツの配信で県や市と提携することになれば、当然取材されることも出てくるでしょう。

テレビやラジオ、新聞に取り上げられたらブランディングに非常に効果的ですし、仕事も一気に増える可能性があります。

こうしたメリットが得やすいのは、地方ならではの特権と言えます。

  • 差別化やブランディングに困っている・・・
  • 自分だけの特別な強みがない・・・
  • ライバルに勝てるものがない・・・

こう言った悩みがある方は、首都圏に固執することなく地方で仕事を始めてみるのはいかがでしょうか?

今回のまとめとして

いかがでしたか?

今回は、地方で起業・ビジネスをする【ローカル起業】の具体的なメリットをお伝えしました。

  1. 家賃・固定費が安くなる
  2. LCCで出張・旅行が格安で行ける
  3. 一瞬でユニークな存在になれる
  4. 地方はSNSと相性がいい
  5. 精神的なストレスが少ない
  6. 名物料理や地酒を楽しめる
  7. 田舎でも高時給が得られる
  8. 消費行動が物理的に減る
  9. 消費より創作に力が入る
  10. 視点・発想が豊かになる
  11. 補助金や特別支援が狙える
  12. ノウハウ格差で儲かる
  13. ローカル・コンテンツはSNSと相性がいい
  14. ローカル・コンテンツは発信が弱い
  15. ローカルなテレビやラジオ・新聞に出演することも

あなたのビジネスの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

1.001

\ SNSでシェアしよう! /

自分時間HACKS|自分の時間を創るメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分時間HACKS|自分の時間を創るメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

おっくう@自分時間クリエイター

おっくう@自分時間クリエイター

「自分時間HACKS」を運営する、自分時間クリエイター。

大金を稼ぐ目的で学生時代にビジネスを始めたが、資金繰りや雑務に追われる多忙な生活に陥る。

その経験から自分時間の重要性に気づき、思い切ってライフスタイル重視の働き方にシフト。(もちろん、お金儲けは大好き。笑)

ブログやSNSなどのWebメディアで稼ぐスキルを磨いて、企業や個人のコンサルやWEB運用サポートをオンラインで行うワークスタイルを確立。

現在は、様々な趣味や特技を持つ人とWebメディア運営やKindle出版、ミニ講座、イベント開催などを行ったり、旅行先でビジネスを創ったりして、遊びながら収入源を増やしていくスタイルを実践しています。

海外に行ったり、田舎に行ったりと住む場所を変えながら活動中。現在の活動やサービスはホームアイコンをクリック!→

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブログは目次がコツだった!上位表示させる見出しテクニック5選

  • うわ…私のURL、長すぎ!ブログを上位表示させるパーマリンク最適化とは?

  • 【保存版】LINE@集客の特徴と成功事例に学ぶ10個の活用方法

  • 売上が3倍アップ!?お問い合わせ・メールフォームの作り方10選

この記事もオススメ!

  • 格安無料でファーストクラスの海外旅行ができる裏技を発見!?

  • 5人に1人が副業!?約7割が興味あり?サラリーマンが副業する理由と7つのメリットをまとめてみた

  • 100均DIYで可愛い&オシャレなドリームキャッチャー!材料と作り方を図解してみた★