1. TOP
  2. 最短でFacebookページのいいね(ファン)を増やす11の方法

最短でFacebookページのいいね(ファン)を増やす11の方法

ビジネスや集客に大きな影響力を与える、フェイスブックページ。

しかし、なかなかいいね(ファン)が増えない・・・と悩んでいる人も多いですよね。まったく成果が出ないから、やる気をなくした。なんてケースは後を絶ちません。

どうせやるなら、いいね(ファン)をたくさん手に入れたい!

そこで今回は、人気のフェイスブックページを手に入れるメリットと、効率的にいいね(ファン)を増やす方法をまとめてみました。

おっくう@SLOW TRAVELER
*

「スロートラベラーの歩き方」の運営者。

Webメディア運営やKindle出版、ミニ講座、イベント開催などをしたり、旅行先でビジネスを創ったりしながら、スロートラベルを実践しています。

1.001

Facebookページってなに?

フェイスブックでは、個人のアカウントとは別に、フェイスブックページというビジネスページを作ることができます。

例えば、企業やサービスに関するページや、自分の公式ページなどです。

フェイスブックページは、一つの個人アカウントで複数作ることが可能です。

具体的な作り方については、以下の記事にまとめてあります。

Facebookページのいいね(ファン)を増やすメリット

フェイスブックページは知っているし、実際に運営している。

という方は多くいると思いますが、ただ名刺代わりとして持っている、ブログと同じ感覚で利用しているというケースが多いのではないでしょうか?

まずは、やる気をアップするためにも、人気のフェイスブックページを持つ具体的なメリットについてまとめていきましょう!

多くの人に投稿(情報)を発信できる!

フェイスブックページでは、ページにいいねをした人のタイムラインに投稿が表示されます。

1万件のいいね(ファン)を集めたページに投稿すれば、一万アカウントのタイムラインに表示されるわけですね。

さらに、投稿にいいねやシェアなどの反応が得られたら、さらに多くの人へ拡散されます。

ページのいいね数が増えれば増えるほど、投稿にいいねやコメント・シェアされる可能性が高くなるため、人気のページを持てば一気に発信力を高めることができるのです。

ブランド力アップや信頼される実績につながる!

人気のフェイスブックページを持てば、それだけで自分のブランド力がアップします。多くの人からいいねされていれば、それだけで信用される実績の一つになるのです。

営業やセールスの場面はもちろんのこと、様々なビジネスシーンでの活躍が期待できますね。

広告収入や売却収入が狙える!

多くの人に情報を届けるページになれば、広告先として魅力的な媒体になります。

まず考えられるのが、アフィリエイトや企業からの純広告で収入を得ること。ターゲットとの相性がいい商品・サービスであれば、大きな収入源になる可能性があります。

また、フェイスブックページは権利の譲渡が可能なので、価値のあるメディアに育てれば売却することも可能です。

ある程度の収益性が認められるページであれば、数百万円という大きな金額で取引されることも。そうでなくても、数十万〜100万円のメディア売買はよく行われています。

Facebookページのいいね(ファン)を増やす11の方法

いかがでしたか?

フェイスブックページを育てる魅力をこれまでのより強く感じてもらえたと思います。

ぜひ、人気のフェイスブックページを手に入れたいですよね。

ここからは、フェイスブックページのいいね(ファン)を増やす方法をまとめていきます。

ターゲット・コンセプトを明確に決める

フェイスブックページに限らず、ファンを作っていくためにはターゲットとコンセプトを明確に決める必要があります。

誰向けにどんな情報を発信するページなのか?

ということが決まっていないと、誰もそのページの情報に価値を感じてくれません。

これは自分にピッタリのページだ!と思う人が現れるようなターゲットとコンセプトを決めましょう。

ターゲットやコンセプトの設定については、以下の記事にもまとめてあります。とても重要なテーマになるので、一度チェックしてみてください。

3つのBを意識した目を引く画像を選ぶ

フェイスブックには多くの情報が散乱している上に、過去の情報がどんどん下へ流れていくので、一瞬で興味を持たれないと見てもらえません。

せっかく一生懸命に良い記事を書いても、興味を持って見てもらえなければ無意味ですよね。

そこで重要になるのが、サムネイル画像の選び方です。SNSでは、どんな画像を選ぶか?が投稿を見てもらえるかどうかの最も大きな分かれ道になります。

でも、どんな画像を選べばいいかわからない。。。とお悩みではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが、3つのBです。

3つのBとは、Baby(赤ちゃん)、Beast(動物)、Beauty(美人)の頭文字で、人の目に留まりやすい画像の代表例です。

この3つの要素が入った画像は反応が出やすい傾向があるので、画像選びに困った時は意識的に取り入れてみましょう。

また、3つのBを意識して他社の広告やサムネイル画像を見れば、いたるところで使われていることに気づくはずです。

ぜひ、他社分析の際にチェックしてみてくださいね。

タイトルに引きのある言葉を盛り込む

フェイスブックで反応を得るために、画像選びの次に重要なのが記事のタイトルです。

フェイスブックのユーザーは、グーグルで検索しているユーザーと違って情報収集の目的意識が基本的にありません。

基本的にこんな感じで、ただタイムラインを眺めているだけです。

このように、情報を収集しているのではなく、ただ画面を眺めているだけの人が「おや?」と興味を持ってしまうタイトルを考える必要があります。

SNSユーザーにとって、興味のないタイトルの記事はスルーが基本です。

情報を探している検索ユーザーと、ただタイムラインを眺めているSNSユーザーとの意識の違いに注意しましょう。

じゃあ、どんなタイトルがいいの?さっぱりわからない!

そう思ったあなたは、まずどんなタイトルがSNSで話題になっているのか、実際に事例を見てみましょう。

togetterというサイトの「今週人気のまとめ」を見れば、今話題になっているコンテンツのタイトルを一覧で見ることができます。

また、はてなブックマークの「ホットエントリー」を見るのもいいでしょう。

これらをチェックすることで、SNSユーザーがどういうタイトルに反応するのか、具体的に知ることができますよ!

いいねやシェアの数が多い投稿を真似る

いいねやシェアされる投稿をするために、最も効果的な方法は、いいねやシェアされている投稿を真似る事です。

え、パクるの?それって、いけない事じゃない?

と思う方もいるかもしれませんね。しかし、真似ていいんです。

ただし、投稿内容をパクるのではなく、タイトルや文章の構成を真似てください。

例えば、「片付けが上手くなる5つのテクニック」という記事があったとしたら「掃除が上手くなる5つのテクニック」という記事を作ってみる。

または、片付けが上手くなる他のテクニックをもっと調べて、「片付けが上手くなる15つのテクニック」というまとめ記事を作ってみる。

こうした真似が得意になると、一気に情報発信が変わっていきます。

個人アカウントでも積極的に投稿をシェアする

さて、ここまではどんな記事を投稿すればいいか?

という内容について話してきました。ここからは具体的に拡散していく方法についてまとめていきます。

まず、一番簡単にできる方法は、自分の個人アカウントで紹介すること。

ただ、ここでやりがちなのが無言シェア。これは非常にもったいないです。

拡散させたい場合は、ただシェアするだけではなく、興味を持たせるような紹介文を書いてシェアしましょう。

SNSでは、紹介文とタイトルと画像だけ見てシェアする人が非常に多いことは、以前にも話題になりました。

SNSについては、以下のようなデータも出ています。

ツイートを細かく分析したところ、リンク先の記事に飛んで内容を確認している人の割合は41%にとどまったのだ。残りの59%は記事のタイトルだけで内容を推測し、シェアするだけで満足している──。津田大介「読まずにシェアするスマホ世代の特徴」

つまり、拡散させることだけを目的とするなら、投稿内容よりも紹介文とタイトルと画像が重要といえるわけです。

動画を積極的に投稿する

フェイスブックは最近、動画配信にとても力を入れています。

youtubeのように、動画に広告収入をつけるサービスも開始しました。つまり、フェイスブックは動画と相性のいいSNSになってきたのです。

動画を効果的に使っているフェイスブックページで有名なのは、かんたん、おいしい、楽しい料理をテーマに発信する「もぐー」。

見て楽しい料理の動画で配信して、非常に多くのシェアを集めています。他にも、動物の動画や衝撃映像、面白動画などはとても人気ですよね。

動画は見る側にとって読む手間もなく視聴しやすい上に、インパクトが強いのでSNSとの相性がいいです。

積極的に動画投稿を取り入れていきましょう。

名刺やチラシやブログなどで紹介する

次に取り組みやすいのは、名刺やチラシ・パンフレット、ブログなどでフェイスブックページを紹介することです。

誰かに会った時には、マメにフェイスブックページを紹介しましょう。

この方法は地味で地道に感じるかもしれませんが、直接紹介して見てくれる人はファンになってもらいやすいです。

インターネットで興味を持たせるよりも、直接魅力を伝える方が何倍もインパクトがありますよね。

SNSは人とのつながりを作ることだけではなく、「維持すること」も重要なので、会って終わりにならないためにも、積極的に紹介しましょう

他人の投稿に「いいね」や「コメント」をする

自分のページにいいねをしてもらいたいなら、他人の投稿にいいねやコメントしていくことがオススメです。

自分から他人へいいねをしていくことで、あなたのページの存在を認知してもらい、いいねをもらうキッカケができます。

ただ、同じ人に繰り返しやりすぎると、下心が見え見えで逆効果になる可能性もあるので注意しましょう。

とはいえ、自分のページを知ってもらうには、自分から関わっていくのが早いので、積極的にいいねやコメントをしていきましょう。

他のページと相互にシェアする

ここまでは、まず自分一人でやれることについて解説してきましたが、多くの人に認知してもらうには、他人の力を借りるのが効果的です。

それは、自分だけではなく、自分と同じ目的を持つ他人にとっても同じことが言えますよね。

そこで、他のページと相互にシェアし合う関係を作りましょう。

ただし、これはお互いにとってメリットがあるかどうか?が重要になるので、自分が全くファンがいない時に、1万いいねのページにシェアしてもらうことは難しいです。

同じくらいのファン数のページであったり、関連性の高いページであることが重要になります。

フェイスブックページはたくさんあるので、その中から自分と相性の良さそうなページを見つけて、交渉していきましょう。

有名人の影響力を利用させてもらう

SNSで最も拡散力の高い方法は、たくさんのファンを抱える有名人に紹介してもらうことです。

影響力のある人がシェアをすれば、一気に大量のアクセスを集めることができます。

とはいえ、いきなり頼んでも承諾してもらうことは難しいですよね。

大切なファンに対して紹介するわけなので、適当なものを紹介するわけにはいきませんし、自分にとってメリットがないなら紹介する義理もありません。

逆に言えば、紹介したくなるようなファンが喜ぶものを用意するか、紹介者にとってのメリットを提示できれば、シェアしてもらえる可能性がぐっと上がります。

もっと簡単なのは、お金(広告宣伝費)になりますが、こうしたお願いはお金だけで決まるものではありません。

相手にとって、そして相手のファンにとって、どんなことをすれば喜んでもらえるのか?

しっかり考えてからお願いしましょう。

facebook広告を使う

最後に、お金(広告費)を使って拡散する方法です。

お金を使うと聞くと、「え〜、お金ない!使いたくない!」という人が多いのですが、実はとても損をしています。

長期的にメディア運営で結果を出している人は、やはり広告を上手に取り入れています。

時間と労力をたくさんかけるよりも、広告で拡散する方が圧倒的に早いし、投資効果が高いからです。

その中でも、フェイスブック広告はワンコインで出せる非常にハードルが低い広告になります。さらに、ターゲットとする人を細かく設定できるので、投資効果が高いのも特徴です。

フェイスブック広告は今最もホットな広告市場となっているので、使わない方が圧倒的に損だと言えるでしょう。

まだ使ってみたことない方は、ぜひ一度使ってみることをオススメします。

Facebookページをメディア化する秘訣

ここまで、フェイスブックページにどんな投稿をすればいいのか、どうやって拡散すればいいのかについてまとめてきました。

最後に、フェイスブックページをメディア化する秘訣をお伝えします。

それは何かというと、決まった時間・一定の間隔で投稿することです。

例えば、テレビや週刊誌は、いつも決まった時間・決まった日に出ますよね。

あ、◯◯の時間だ!あ、今日は、◯◯が出る日だ!

と意識してもらえることが、ファン作りにはとても効果的なんです。

さらにフェイスブックでとても重要なのは、一定の間隔で投稿すること。人気のページは一定の間隔でマメに投稿していますよね

なぜそんなことをするのかというと、フェイスブックは過去の情報がどんどんタイムラインの下へ流れていくからです。

フェイスブックページは、マメに更新することでタイムラインにちゃんと表示させていくことが大切になります。

フェイスブックは予約投稿も可能なので、この機能を上手に使って、決まった時間・一定の間隔で発信していきましょう。

今回のまとめとして

いかがでしたか?

今回は、最短でFacebookページのいいね(ファン)を増やす11の方法をお伝えしました。

  1. ターゲット・コンセプトを明確に決める
  2. 3つのBを意識した目を引く画像を選ぶ
  3. タイトルに引きのある言葉を盛り込む
  4. いいねやシェアの数が多い投稿を真似る
  5. 個人アカウントでも積極的に投稿をシェアする
  6. 動画を積極的に投稿する
  7. 名刺やチラシやブログなどで紹介する
  8. 他人の投稿に「いいね」や「コメント」をする
  9. 他のページと相互にシェアする
  10. 有名人の影響力を利用させてもらう
  11. フェイスブック広告を使う

ぜひ、フェイスブックページの運用に役立ててください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

1.001

\ SNSでシェアしよう! /

スロートラベラーの歩き方|SLOW TRAVELER GUIDEの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スロートラベラーの歩き方|SLOW TRAVELER GUIDEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

おっくう@SLOW TRAVELER

おっくう@SLOW TRAVELER

「スロートラベラーの歩き方」の運営者。

Webメディアのスキルを磨いて、企業や個人のコンサルやWEB運用サポートをオンラインで行うワークスタイルを確立。

現在は、様々な趣味や特技を持つ人とWebメディア運営やKindle出版、ミニ講座、イベント開催などを行ったり、旅行先でビジネスを創ったりして、遊びながら収入源を増やしていくスタイルを実践しています。

現在も国内外をスロートラベルしながら活動中。現在の活動やサービスはホームアイコンをクリック!→

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブログは目次がコツだった!上位表示させる見出しテクニック5選

  • うわ…私のURL、長すぎ!ブログを上位表示させるパーマリンク最適化とは?

  • 【保存版】LINE@集客の特徴と成功事例に学ぶ10個の活用方法

  • 売上が3倍アップ!?お問い合わせ・メールフォームの作り方10選

この記事もオススメ!

  • youtubeは集客・リスト取りが簡単!今すぐやるべき11の理由を解説してみた

  • facebook集客・ビジネス初心者向けの活用方法と7つの便利機能