肩書き職人とは?

あなたは自分の肩書きを持っていますか?

肩書きとは、「自分が何者で、何を提供できる人間なのか」を一言で表した自分自身のキャッチコピーです。

肩書き職人とは、クライアントの価値と魅力を最大限に引き出す肩書き(キャッチコピー)を一緒に考え、最適なビジネスモデルやライフスタイルをデザインして、ブランディングや売上・集客アップといった成果を上げるためのサポートを行う仕事。

もし、あなたが、自分に自信がない、ビジネスがうまくいかない、今の人生を変えたい。

そう感じているのであれば、現在の肩書きを見直してみるといいかもしれません。

なぜなら、魅力的な肩書きには3つの大きな力が宿っているからです。

肩書きは、人を惹き寄せる

もし、あなたが魅力的な肩書きを持っていれば、多くの人から興味・関心を持たれ、ビジネス面でもプライベートでも充実した人生を送ることができます。

しかし、逆に冴えない肩書きだった場合は、「自分が何者で、何を提供できる人間なのか」がうまく伝わらないため、よほど見た目がいいか、キャラが立っていないと、誰からも興味を持たれません。

翌朝には存在自体を忘れ去られてしまうのです。

もし変な肩書きを持ってしまった場合には、最悪の場合「この人、怪しい人かも?」と避けられてしまうこともあります。

あなたにも、「あ、この人は・・・」って思った経験がありませんか?変な肩書きで活動すると、あなたもそう思われる可能性が高くなります。

魅力的な肩書きを持っているかどうかで、人を惹き寄せるか、遠ざけられ忘れ去られるか、大きく左右されるわけです。

肩書きは、未来を創り出す

魅力的な肩書きは、あなたのビジョンや方向性を明確します。

「自分が何者で、何を提供できる人間なのか」を自分自身で定義することにより、あなたは的確な行動や情報発信を行うことができるようになります。

その結果、あなたの求めていた人がどんどん集まり、やりたいことがスピーディーに実現できるのです。

これはビジネスをやっていく上で、非常に大きなアドバンテージとなります。

逆に、よく分からない肩書きで活動すると、行動や情報発信もチグハグになってしまい、周りの人や情報に流されて右往左往してしまう可能性が高くなります。

そうなれば、当然あなたが求めている人が集まらず、目標も全く実現できなくなるでしょう。むしろ自分が求めてないような人が集まり、自分が求めてないような自体を引き起こすことも・・・

どんどん求めている未来から遠ざかってしまうことになります。

魅力的な肩書きが一つあるだけで、あなたの未来が一気に切り開かれていくのです。

肩書きは、人生を変える

肩書きは、人生を変える力を持っています。

人は肩書きを持つと、その肩書きに適した考え方をして、行動し、選択し、発言するようになります。

また、他人からも肩書きを通したあなたという形で見られ、接し方も肩書きに左右されます。

例えば、「高校の数学教師」という肩書きで生きていると、「高校の数学教師」という目線であなたは見られ、接し方をされ、自然とあなたは「高校の数学教師」らしく行動し、選択し、発言するようになるわけです。

そのため、人は肩書きにあった人生(ライフスタイル)が自然とできあがることになります。

つまり、魅力的な肩書きをもてば、魅力的な人生に自然と近づくということです。

もし、あなたが会社や組織の肩書きだけで生きているとしたら、あなたの人生は会社や組織に大きく左右されることになります。

自由で充実した人生を送るためには、自分で自分の肩書きを創り出し、理想の人生を引き寄せることが大切になるわけです。

簡単に自己紹介をさせてください。

はじめまして、肩書き職人のおっくーです。

私は、鹿児島県の奄美群島で生まれ育った離島出身者です。

奄美群島などの離島出身者にとって、島で選べる仕事は、公務員か、病院・介護系か、土木や農業・漁業系か、基本この3つぐらいしかありません。

そして、公務員が偉い(勝ち組である)という風習が強く、少ない公務員の枠を一生懸命に競うような学生時代を多くの人が送ります。

私も例外ではなく、島で暮らしていた時は公務員になるしかないと思い込んでいました。

しかし、学年が上がっていくごとに、自分より頭が良くて優秀な人間がどんどん現れて、私は自信を喪失し、どうしたら良いか悩むようになります。

あなたも、同じような経験があるのではないでしょうか?

アレコレと悩んだ末に私が取った行動は、大学を休学してみることでした。

そして、その休学中に人生を180℃変える、大きな転機が訪れたのです。

それは、同年代で自分のビジネスを作っている人や、聞いたこともない肩書きで仕事をやっている人に、たくさん出会えたこと。

こんな生き方・働き方があるのかと、当時の私は大きな衝撃を受けました。

そして同時に、自分が苦しんでいる理由は、公務員という肩書きを勝ち取るために、大多数の人間と苛烈な競争をしているせいだと気づくことができたのです。

そこで私は、出会った人々からビジネスのやり方と、色んな生き方や働き方の事例を教えてもらうことができました。

この経験が私の人生を180℃変えて、今では自由な肩書きを勝手に作り、自分にあった仕事を作って、自由なライフスタイルを送ることができるようになったのです。

私が肩書き職人として、よくある肩書きや仕事のスタイルではなく、自分だけの肩書きを作るサポートやビジネスを作るサポートをしているのは、この時の経験が根本にあります。

自由な肩書きで充実した人生を

肩書き職人として今の私が伝えたいことは、「自由に肩書きを作って、自由に生きよう」ということです。

日本では、島にいた頃の私と同じように、人と同じようなレールの上を歩き、人と同じような肩書きで、常に比較・競争されながら生きる道を選択する人が非常に多いです。

自分でビジネスをしている人でも、似たような肩書きで、似たようなサービスを打ち出していることで、比較・競争されて苦しんでいる人が多くいます。

それで勝ち残っていける、優秀で見栄えのいい人間ならいいのですが、9割のそうでない人間は自信を無くし、ストレスと劣等感を抱えながら生きて行くことになります。

それは、とても辛いことですよね。

実際、そのせいで仕事が苦痛になったり、引きこもってしまったり、鬱になってしまうような人が多くいます。私も思い悩んで、大学を休学しました。

本当は、アナタに最適な肩書きを持ち、自分に最適な働き方、自分に最適な生き方、自分に最適な人間関係を構築することができるのに。

他人と比較・競争されるストレスや劣等感を感じることなく、伸び伸びと自分らしく生きていけるはずなのに。

自由に肩書きを作って、自分が理想とするライフスタイルを実現しようとする人はとても少ないです。

ただし、その原因は単純に、具体的なやり方や事例を「知らないだけ」なのだと思います。

昔の私のように、同じ肩書き、同じレールの上で競争しあっていく方法や事例ばかり教えられて、自由に肩書きを作り、自由に生きる方法や事例を「知らないだけ」なのです。

具体的に方法がわかって、たくさん事例を知れば、「自由に肩書きを作って、自由に生きよう」という人は増えていくでしょう。

そのために当メディアでは、自分にピッタリの肩書きを作って、理想のライフスタイルを実現していく具体的な方法や事例を紹介していこうと思います。

あなたも、自分にピッタリな肩書きで充実した人生を手に入れませんか?

設立日:2016年1月10日